いろいろな分野の研究者・実務者等が集まり、さまざまな角度から室内環境の問題の解決に取り組んでいます。

理事長ご挨拶

 会員の皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。この度、理事長を務めることになりました関根嘉香です。本学会は、前理事長・中井里史先生のご指導のもと、一般社団法人として生まれ変わり、学会運営の基礎となる体制づくりを進めてまいりました。また懸案であって財政的状況も、学術大会や事業活動の充実などにより改善傾向にあります。今後は、学術活動の一層の推進に軸足を移し、会員サービスの充実、学会としてのプレゼンスの向上、グローバル化への対応などを図っていきたいと存じます。
 先日の総会で理事・監事を選任していただきましたが、この二年間の役員および事務局体制は下記の通りとなります。事務局長および会計は一般規則に基づき理事長が指名いたしました。役員だけで学会が運営できるわけではありません。是非とも会員の皆様には、さまざまな提言や助言などを含めたご協力をお願いいたします。

理事長     関根 嘉香(東海大学)
副理事長    山口  一(清水建設株式会社、事業委員会担当)
副理事長    篠原 直秀(産業技術総合研究所、学術委員会担当)
理事      川崎たまみ(「崎」は右上が「立」)(鉄道総合技術研究所、出版委員会担当)
理事      鍵  直樹(東京工業大学、標準法認定管理委員会担当)
理事      水越 厚史(近畿大学、広報委員会担当)
理事      三宅 祐一(静岡県立大学、社会連携委員会担当)
理事      Tin Tin Win Shwe(国立環境研究所)
理事      一條 佑介(東北文化学園大学)

監事      野口 美由貴(成蹊大学)

事務局長    中島 大介(国立環境研究所)
事務局長代理  橋本 一浩(エフシージー総合研究所)
会計      小沼 ルミ(東京都産業技術研究センター)
会計代理    松木 秀明(東海大学)

支部長     佐藤  博(長崎国際大学、九州支部)
        野﨑 淳夫(東北文化学園大学、東北支部)
        濱田 信夫(大阪市立自然史博物館、関西支部)



直近のイベント

【平成29年室内環境学会学術大会】
期日 2017 年 12 月 13日 (水)
    ~14日(木)
会場 佐賀市文化会館
    詳細は大会ホームページをご覧ください。
【大気環境学会室内環境分科会・室内環境部会合同講演会】
期日 2018 年 1 月 16日 (火)
時間 14:00~(2時間強の予定です)
タイトル 室内空気汚染の現状と今後の展望
    -新たな指針値の策定とこれからの室内空気質-
場所 産業技術総合研究所 臨海副都心センター
プログラム・お申込み こちらをご覧ください。
【室内環境学会講演会】
期日 2018 年 1 月 26日 (金)
    13:00~17:00
タイトル 「空気中の微粒子測定と可視化技術の最新情報」
場所 フーハ大阪セミナールーム
プログラム こちらをご覧ください。

終了した主催イベント

【室内環境学会講演会】
期日 2017 年 9 月 6日 (水)
時間 13:00~17:00
タイトル 空気中の微粒子測定と可視化技術の最新情報
場所 幕張メッセ国際会議場1階 102会議室(千葉)
プログラム こちらをご覧ください。
申込 メールinfo@siej.org
    またはFAX03-5625-4299

書籍紹介

【室内環境 第19巻第2号(2016年12月)】

目 次:
 ・原著論文
 ・技術資料
 ・調査資料
 ・室内環境学関連情報
 ・薫風(会員の声)
 ・推薦図書(書評)
 ・研究室紹介
 ・会 報

New!【室内環境における微生物対策】

室内環境学会 微生物分科会 [編]
B5 170頁 定価3456円(税込)
2016年3月 技報堂出版

カビやウイルスなどの人間生活と関わりの深い微生物について,微生物の生態,検出・測定法,発育環境,人間に与える影響,建築施設ごとの微生物汚染の実態と対策等の情報をまとめ,やさしく解説した書。学生や若い技術者に知っておいて欲しい基礎知識を届ける。

※微生物分科会メンバー特別販売
購入割引あります。微生物分科会代表 川上 裕司 kawakami(at)fcg-r.co.jp((at) は@に置き換えて下さい)までお問合せください。

New!【住まいの化学物質
リスクとベネフィット】

一般社団法人室内環境学会 [編]
関根嘉香 [監修]

A5判 248頁 定価3348円(税込)
2015年11月10日刊
東京電機大学出版局

人の暮らしにおいて、「建てる」、「暮らす」、「生きる」、「備える」に関わる化学物質が引き起こす室内環境問題について、幅広く解説。化学物質の利便性とリスクを理解し、上手な付き合い方を考える。

※会員特別販売
2016年2月末まで購入割引あります(詳細は学会誌18巻2号参照)

【室内環境学概論】

 A5版 258頁 定価 3255円(税込)
 2010年11月30日刊
 東京電機大学出版局

学会員を中心とした執筆陣により刊行。室内環境学全般を網羅していますので、学部の教科書や技術者の入門書として最適です。

【国際連携機関】

韓国室内環境学会   台湾室内環境品質学会
韓国室内環境学会 台湾室内環境品質学会